気になる銀歯は、「白い歯」に変えましょう

  • 気になる銀歯は、「白い歯」に変えましょう before
  • 気になる銀歯は、「白い歯」に変えましょう after

「銀歯が目立って気になる」とお悩みではありませんか? 従来、虫歯治療でつかわれてきた銀歯ですが、その見た目が気になって「人前で口を開けて笑えなくなってしまった……」という方も少なくありません。

春日部市にある「さかえ町の歯医者さん」の審美歯科では、目立つ銀歯を白いセラミック製の歯に取り替える治療を行っています。実は銀歯には見た目以外にもさまざまなリスクがあるため、近年では女性を中心に審美歯科治療を受けられる方が増えています。あなたも白く美しい口もとを手に入れ、もう一度思いきり笑いませんか?

意外と知らない銀歯のリスク

意外と知らない銀歯のリスク

銀歯と呼ばれる詰め物・被せ物の素材は、金銀パラジウム合金を用いた金属です。健康保険が適用されるため費用負担が軽減できるのが大きなメリットであり、もちろん最低限の安全基準はクリアしていますが、実は以下のようなさまざまなリスクを持つことがわかっています。

リスク1
白い歯の中で目立つ
リスク2
歯ぐきが黒ずむ
リスク3
金属アレルギーを招く
銀色は、白い歯列の中でとても目立ってしまいます。この見た目を気にされる方が多くいらっしゃいます。 経年によって金属がイオン化して溶け出し、歯ぐきを黒ずませてしまうことがあります。 金属イオンが体内に入り込むことで、金属アレルギーの原因になることがあります。

この中でとくに注目されているのが、金属アレルギーの問題。原因不明の肌荒れやかぶれ、全身の倦怠感といった体調不良がある場合、もしかするとお口の中の銀歯が原因になっている可能性があるのです。

審美歯科の取り扱い素材

ジルコニア
ジルコニア 特徴 ジルコニアというセラミック素材のみを使用した詰め物・被せ物。自然な白さと透明感が再現できる、非常に美しい素材です。
メリット
  • 天然歯に近い仕上がりが再現できる
  • 耐久性が高い
  • 歯ぐきを変色させるリスクがない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯を比較的多く削る必要がある
  • 天然歯より硬いため、咬み合う歯を傷めることがある
  • 比較的高額になる
メタルボンド
メタルボンド 特徴 金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物。金属の強度とセラミックの美しさを兼ねそなえています。
メリット
  • 自然な白い見た目を得られる
  • 耐久性が高く、奥歯にも適している
  • 変色しない
  • ジルコニアと比べて安価
デメリット
  • 透明感は得られない
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 歯ぐきを変色させる可能性がある

「さかえ町の歯医者さん」の医院情報・アクセスについて   くわしくはこちらから