歯を失った際の選択肢~補綴治療のすすめ~

歯を失った際の選択肢~補綴治療のすすめ~

「歯を失って何か治療を……とは考えているけど、手術はちょっと避けたい」

近年では歯を失ってしまった際の治療としてインプラントを選ばれる方も増えてはいますが、負担の大きな外科手術が必要なことに抵抗を感じている方も少なくないようです。春日部市にある歯科医院「さかえ町の歯医者さん」では、そのような患者さんに対して入れ歯ブリッジによる治療をご提案しています。

しかし、入れ歯に対して「ずれる」「はめると痛い」「咬みにくい」といった悪いイメージがあったり、ブリッジについてよく知らなかったり……ということもあるでしょう。当院ではそれぞれのメリットやデメリットをしっかりお話ししながら、一人ひとりに合った治療をご提案しています。まずは一度ご相談ください。

なお、相談したから治療しなければならない、というわけではありません。ご自身にとってどの治療が「最善」なのか、考える機会にしていただければと思います。

入れ歯とブリッジのメリット・デメリット

どんな治療もそうであるように、入れ歯やブリッジにもそれぞれメリットとデメリットがあります。また、自費診療の入れ歯やブリッジなら、見た目やつかい心地などにこだわることができます。それぞれの特徴をふまえ、一緒によい治療法を考えていきましょう。

  入れ歯 ブリッジ
イメージ 入れ歯 ブリッジ
メリット
  • 外科手術が不要
  • 保険診療を選択できる
  • 治療期間が短くて済む
  • ほとんどの症例に適用が可能
  • 自費診療なら、審美性・機能性ともに追求できる
  • 外科手術が不要
  • 保険診療を選択できる
  • 治療期間が短くて済む
  • 固定されるため、比較的咬み心地はよい
  • 入れ歯よりも目立ちにくい
デメリット
  • 咬む力を大きく回復できない
  • 保険診療の入れ歯は目立ってしまう
  • 装着時に多少の違和感がある
  • しばらくすると合わなくなることがある
  • 部分入れ歯のバネをかける歯に負担がかかる
  • 咬む力が顎の骨に伝わらないため、骨がやせやすい
  • 支台にする健康な歯を削る必要がある
  • 支台となる歯に負担がかかり、その歯の寿命を縮めてします
  • 適用できない症例もある
  • 顎の骨がやせることがある

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険診療のものと自費診療になるものがあります。その違いは次のとおりです。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 床は
レジン(歯科用プラスチック)のみ
保険の入れ歯
金属の床など、
さまざまな選択肢がある
自費の入れ歯
構造 決まっている 豊富なタイプから選べる
審美性 目立ちやすい 目立ちにくいものをつくれる
咬み心地 硬い物が
咬みにくいことがある
硬い物でも
咬むことができる
製作期間 短い 比較的長い
費用 抑えられる 比較的高額になる

当院おすすめの「自費の入れ歯」

金属床義歯
金属床義歯 歯ぐきにあたる床部分が金属でできた入れ歯です。金属はゴールド、チタン、コバルトクロムなどから選択できます。強度が高い金属なら床を薄くできるため、軽いうえに高い熱伝導率で食事をおいしく感じることができます。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 保険の部分入れ歯にはつきものの「バネ(クラスプ)」がない入れ歯です。バネがなく目立ちにくいうえに、歯ぐき部分がやわらかい素材で作られているため、フィット感にも優れているのが特徴です。

「さかえ町の歯医者さん」の医院情報・アクセスについて   くわしくはこちらから