子供の歯を守るのは親御さんの役割です

子供の歯を守るのは親御さんの役割です

「正しい歯みがき」は大人でも難しいもの。お子さんならなおさらです。まだ自分でしっかりお口のケアができないお子さんの場合は、どうしても親御さんによる仕上げみがきなどのケアが欠かせません。つまり子供の歯を守るのは、親御さんの重要な役割だといえます。

春日部市にある「さかえ町の歯医者さん」の小児歯科では、お子さんの虫歯治療に加えて予防処置にも力を入れています。当院と親御さんとで協力し、お子さんの大切な歯を虫歯から守ってあげましょう。

虫歯は感染するのを知っていますか?~母子感染について~

虫歯は感染するのを知っていますか?~母子感染について~

虫歯は、虫歯菌による感染症です。生まれたときにはお口に存在しない虫歯菌が、外からうつってしまうことで発症します。では、虫歯菌はどこからやって来ると思いますか?

実はその答えは、「お母さんやお父さん」なんです。コップやおはしを一緒につかう、キスなどのスキンシップをする、などといった日常の行為によって、だ液を通して身近な大人のお口からうつっているのです。これを「母子感染」といいます。だ液から感染するので、くしゃみでも虫歯菌はうつります。

母子感染を防ぐには

お子さんの歯を虫歯菌から守るには、この「母子感染」を防ぐことがもっとも重要であり効果的です。「食器などを共有しない」といったことを徹底すれば母子感染のリスクを減らすことはできますが、親子のスキンシップを制限するのはあまり望ましくありません。そこで当院では、的確な予防処置によって「身近な大人のお口の中から虫歯菌をできるだけ減らしておくこと」をご提案しています。

お母さんは妊娠中から、またお父さんやおじいちゃん、おばあちゃんも、日ごろから歯科治療をきちんと受け、お口の衛生管理をしっかり行っておきましょう。

予防処置メニュー

歯みがき指導
歯みがき指導 虫歯予防には、毎日の正しい歯みがきが欠かせません。そこで、お子さん一人ひとりの成長段階やお口の状態に合った、正しい歯みがきの方法を指導します。親御さんには、仕上げみがきのポイントもお教えします。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯の再石灰化を促し、歯質を強化する効果を持つフッ素を歯の表面に塗布して、虫歯に強い歯にする処置です。定期的に行うことで、虫歯予防の効果は高まります。
シーラント
シーラント 複雑で深い溝を持つため虫歯になりやすいのが生えたての奥歯。あらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯を予防するのがシーラントです。
ケア用品を用いた処置

当院では虫歯予防処置にキシリトールやプロバイオティクスを併用することで、予防効果を高めています。

ケア用品を用いた処置 【キシリトール】
虫歯菌のエサになることがない甘味料「キシリトール」にはプラークの増殖を抑える効果もあり、虫歯予防に効果的です。またキシリトールガムなら、咬むことで唾液の分泌が促されるので、自浄作用も期待できます。当院では江崎グリコ製の歯科専用ガム『 POs-Ca F(ポスカ・エフ) 』を用意しております。
ケア用品を用いた処置 【プロバイオティクス】
プロバイオティクスとは、虫歯菌に対する殺菌効果を持つなど、身体によい働きかけをする細菌のこと。ヨーグルトなどに含まれることもあり、腸を整えて免疫レベルを高め、体質をよい状態に維持することができます。当院ではBio Gaiaのプロデンティスのご用意があります。

子供の歯並びが気になる

子供の歯並びが気になる

「うちの子、出っ歯だな……」「受け口はそのままでいいの?」など、お子さんの歯並びに気になるところはありませんか? 歯並びが正しいと、「しっかり咬める」「食いしばることで瞬発力を発揮できる」「見た目が整っている」など、さまざまなメリットが生まれます。しかし逆に歯並びが乱れていると、「しっかり咬めない」「見た目にコンプレックスがある」などのデメリットが生じてしまうかもしれません。

最近では食生活の変化から子供の顎が小さくなってきており、歯がきちんと並ぶスペースが足りないために歯並びが乱れるお子さんが増えています。乳歯から永久歯への生え替わりの時期にはとくに注意して観察し、適切な矯正治療によって歯並びを正しく導いてあげましょう。

>>矯正治療についてくわしくはこちら

「子供を歯医者嫌いにさせないために」  くわしくはこちらから