目立たない矯正治療で、美しい口もとを手に入れる

目立たない矯正治療で、美しい口もとを手に入れる

歯並びが悪い」と聞くと見た目の問題を連想しがちですが、実際には、歯並びの悪さは機能面にもさまざまな問題を及ぼします。またそれはお口の中だけでなく、全身にも悪影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。

春日部市にある「さかえ町の歯医者さん」の矯正歯科では、矯正装置を使った治療で美しく健康な口もとを手に入れていただくためのお手伝いをしています。「出っ歯」「すきっ歯」「受け口」といった歯並びでお悩みの方は、一度当院にご相談ください。

歯並びが悪いとどんな影響があるか

歯並びが乱れている状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。不正咬合は、次のようなさまざまな悪影響を及ぼすといわれています。

  • 食べカスが詰まりやすいうえに歯みがきがしにくく、虫歯歯周病になりやすくなる
  • 食べ物をしっかり咬みくだけず、効率的な栄養の吸収を妨げてしまう
  • 発音がうまくできない(滑舌がよくない)
  • 咬み合わせの乱れから咬む力のバランスが崩れ、顎や身体にゆがみを招いてしまう
  • 見た目がコンプレックスになると、性格が内向的・消極的になってしまうことがある

このように、不正咬合の問題は全身にも及ぶことがわかります。矯正治療は、「心と身体を健やかにするための治療」なのです。

小児矯正について

小児矯正について

矯正治療は、大人でも子供でも受けられる治療ですが、子供のときに行うことで大きなメリットがあります。そのため当院では、歯並びが乱れそうなお子さんに対して小児矯正をご案内しています。小児矯正では、歯がきちんと並ぶスペースを確保するための顎を広げる治療(床矯正)をはじめ、乳歯と永久歯が入り混じっている成長期に、顎や骨格が自然に成長する力を利用しながら治療を進めていきます。

成長する力を利用した矯正治療を受けると、後に本格的な矯正治療が必要になったときに抜歯する確率を大幅に下げたり、本格的な矯正治療を短縮化したりすることができます。タイミングを逃さずに治療をはじめるためにも、お子さんの歯並びが気になる親御さんはお早めにご相談ください。

矯正装置紹介

当院では、「矯正治療を受けたいけど、装置が目立つことに抵抗がある」という方のために、目立ちにくい矯正装置をご提案しています。

ジルコニアブラケット
ジルコニアブラケット ブラケット(歯の表面に取りつける小さな装置)を、ジルコニアでつくった矯正装置です。ジルコニアは、歯の白さと透明感に合わせることができるため、一般的な金属製のブラケットと比べて目立ちにくくなります。
インビザライン
インビザライン ポリウレタン製の透明なマウスピースタイプの矯正装置です。歯型を採ったデータをもとにして精密に設計された装置を、歯の動きに合わせて一定期間ごとに取り替え、正しい位置に導いていきます。透明で目立ちにくいうえ、取りはずせることで食事や歯みがきも問題なく行えるなど、メリットの多い装置です。

「さかえ町の歯医者さん」の医院情報・アクセスについて   くわしくはこちらから